HOME » ステッドで働く人のブログ

「センスは知識からはじまる」

こんにちは。
営業部の榎本です。

今回は、水野 学さんの「センスは知識からはじまる」という本を
ご紹介したいと思います。

blog

本書は、グッドデザインカンパニーという広告やグラフィック、
店舗デザインをされている会社の代表である水野さんが
センスを磨くための手法について書かれています。

私がメンターとしている人が本書をオススメしていたので
気になって読んでみました。

多くの人がそうだと思いますが、私自身もセンスといえば
「特別な才能を持っている人の感覚や考え方」という認識でした。

しかし、本書には以下のように書かれていました。
———————————————————————————-
●センスは、知識で身につける「スキル」である
●方法を知って、やるべきことをやり、必要な時間をかければ
誰にでも手に入る
●センスを磨くには、あらゆることに気がつく几帳面さ、
人が見ていないところに気がつける観察力が必要
●良いセンスを身につけることも、維持することも、向上することも、
研鑽が必要
———————————————————————————-

また、
”センスが「良い」と思った根拠を言葉にすることが難しく、
「なんかいい」「いいものはいいんだ」と感覚で判断する人もいるが、
その根っこには知識があり、実は説明できる”とのことです。

本書を通じて、
センスはデザインやファッションのものだけではなく、
仕事を最適化する能力であり、仕事力を向上させるために
必要なものだと感じました。

本書に興味のある方は、こちらをご参考ください。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。