HOME » ステッドで働く人のブログ

ギネスにチャレンジ

お久しぶりです、システム部のM.Tです。
先日、宇治を訪れた折に、たまたま開催されていた一大イベントに遭遇しました。
イベントの概要は、「平等院表門から、宇治川を渡り宇治上神社までの区間(約660m)を茶団子を隙間なく並べて繋ぐ」事によるギネス記録への挑戦です。
当日は、この様なイベントが行われる事を知らずに訪れた為、朝霧橋から宇治神社の大鳥居上をまたぐ形で茶団子を並べる足場が組まれている風景に目を奪われて、近くにいた関係者らしき方に話を伺ったところ、上記のギネス挑戦の話を伺い知った次第です。
残念ながら、イベントへの参加は受付が終了しており参加できませんでしたが、コースを歩いて並べられた茶団子を見て楽しむ事は出来ました。
結果は、途中途切れた個所が有ったのですが、それでも見事ギネスに認定されました。おめでとうございます。
イベントには参加できませんでしたが、その場に居合わせただけで嬉しさを感じたのは私だけではないと思います。
たまたま出かけた先で出会った出来事を楽しむ事が出来、良い一日を過ごす事が出来ました。
普段、大半の時間を部屋にこもって過ごすことが多い方は、たまに表を歩くと良い出会いがあるかもしれません。

取り止めない話題になりましたが、今回はこの辺りで失礼します。

(追記)
平等院表門から朝霧橋上までの、半分余りの341・57メートルを1万6291個でつないだとしてギネス認定を受けました。(並べてから時間が経過し、団子が縮んだために隙間が出来た可能性が考えられるそうです)

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。