HOME » ステッドで働く人のブログ

消費増税 -駆け込み需要ってどうなっているの?-

みなさん。こんにちは。

営業部の永村です。

長いようで短かかった!? GW10日間も終わり、
ようやく通常運転になれてきた今日この頃ですが
個人的に気になることが1つあります。

それは「消費増税」に関するニュースで、
とりわけ、『増税前の駆け込み需要はどうなっているか?』 という話題です。

・改元
・新天皇即位 などの話題にかき消されているのか?

知りたい情報が入ってこなかったので少し調べてみました。

結論からいうと、現時点では「今ひとつ盛り上がっていない」とのことです。

——————————————————————
例えば自動車で見ると…(日本自動車販売協会連合会が発表したデータ)

《今回》 2019年10月1日 消費税8% → 10%[予定]
 新車(登録車)の販売台数
 ・2019年 1月 2.3%増[対前年同月比]
 ・2019年 2月 1.3%増[  〃   ]
 ・2019年 3月 4.7%減[  〃   ]
 ・2019年 4月 2.5%増[  〃   ]

《参考:前回》 2014年4月1日 消費税5% → 8%
 新車(登録車)の販売台数
 ・2013年 9月 13.3%増[対前年同月比]
 ・2013年10月 17.3%増[  〃   ]
——————————————————————

2014年と比較しても今回は、まだ伸びを感じません。
なお、ここでは割愛しますが
『住宅』や『高級品』に関しても同じような結果でした。
 
 
一概に、良し悪し の判断はしかねるのですが、
色々な面で、前回と今回では『違い』がありますので下記にまとめます。

〈政策面(反動減対策)〉
①前回はダメだった「消費税還元セール」は今回、禁止されていない。
②キャッシュレス決済で5%還元?
③働き方改革になどによるワークライフバランスの向上

〈気持面〉
①前回増税から間も短く、延長が続いており、前回よりは “慣れ”た。
②働き方改革や不景気で残業も給料も減るのに、という増税の重み。
③分かってはいるが「本当に増税するの?」という気持ちが拭えない。

〈イベント面〉
下記のイベントによる高揚感とのバランス感覚
①新元号(令和)/新天皇即位 2019年
②ラグビーW杯(日本) 2019年
③東京オリンピック 2020年
④大阪万博 2025年

あと、5か月で駆け込み需要は一気に爆発するのでしょうか?

下記のグラフは参考ですが、「消費増税前に購入しておきたいもの」で、
1位:家電製品 2位:海外旅行 でした。

Consumption-image-4-min

みなさんは購入を検討しているものはありますか?

以上です。

アンケート参考 エアトリ

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。