HOME » ステッドで働く人のブログ

Windows7のサポート期限まであと1年

こんにちは。システム部のYです。

Windows7のサポート期限(2020年1月14日)までとうとう1年を切り、
ここ数日ニュースでも取り上げられるようになりました。

■GIGAZINE 2019年01月15日
Windows 7の延長サポートが2020年1月に終了予定、IPAが最新版への移行を喚起

以下は上記記事の要約です。
・Microsoftは2020年1月14日をもってバグ修正とセキュリティパッチの配布を中止する予定。
・発売から10年が経つOSだが、未だにWindowsユーザーのおよそ3分の1が使い続けており、情報処理推進機構(IPA)も「速やかに最新版へ移行するべき」と注意喚起を行っている。
・ただし、MicrosoftはWindows7の延長サポート終了後も法人向けに有償のサポートプランを用意することを発表している。

2019年は改元や消費税増税、有給休暇5日取得義務化等の法改正によるシステム改修もあり、企業のIT投資が増える年になりそうです。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。