HOME » ステッドで働く人のブログ

視線の先は

みなさんこんにちは。 システム部のS.Mです。
節分も終わり2月も中ごろと、寒い日が続きますが
みなさまいかがおすごしでしょうか。

はたと目にしたものが何気ない発見だということはないでしょうか。
今日はそんな話をしたいと思います。

朝の通勤の際、何気に目線を移動させると、こんな広告が
目にとまりました。

京都鉄道博物館 4月29日 オープン

電車や鉄道にはあまり興味がありませんが、デザインが目を引いたのと、
梅小路公園の操車場跡地にこんなのができるんだなあと思いながら
グランドオープンの日は何人くらい訪れるんだろうとワクワクさせられました。

以前も、地下鉄で「オクトーバーフェスタ開催中!」のポスター広告を見つけ、
実際にビール目当てで足を運んだこともありました。

今回の京都鉄道博物館は自分にとって、それほど興味を引くものでは
ありませんでしたが、何気なく目にするポスターや広告が自分にとって
有用であることもたまにあったりします。

電車の中でスマホの画面を見るだけではなく、たまには吊り下げ広告を
見てみるのもいいかもしれません。 きっと新しい発見があると思います。

ビール博とかバルイベントの開催告知がどこかにないかなぁ。
カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。