HOME » ステッドで働く人のブログ

津和野に行ってきました

こんにちは。㈱ステッド管理部のM.S.です。

先日、バス旅で島根県津和野町へ行ってきました。 山間の町並みは、小京都の代表格として知られています。また津和野駅は、SLやまぐち号の終着駅でもあり、山口県山口市や萩市とセットで訪れる観光客が多い町です。

僕が津和野を訪れたのは、大好きな映画「男はつらいよ 寅次郎恋やつれ」がロケ地となっていたことが理由で、いつか訪れようと思っていました。映画で観たとおり、ゆったりした城下町で、なんとも癒される町でした。

津和野からバスで、1時間40分かけて、萩にも足を伸ばしてきました。萩は32年ぶり!中学3年の修学旅行以来でした。吉田松陰・高杉晋作ゆかりの地を見て回り、修学旅行で泊まったホテルも見てきました。当時、 宿泊ホテルを初めて見た時、「お城?」と驚愕した思い出があったのですが32年ぶりに見たら、普通の観光ホテルでした(笑)

しかし当時は黒澤明監督の「影武者」か「乱」に登場するようなお城に見えたのですが・・・まぁよくある経験ですかね(^^;)

一人でぶらりと行ってきた旅でしたが、僕が心掛けているのは、現地では 行き先や様々な情報を自分ひとりで調べるのではなく、地元の人に聞くということです。

今って、スマホがあれば何でも情報を得られますが、せっかくなので地元の人とコミュニケーションを図るようにしています。 旅番組のレポーターさながらに(^^)

いち聞いたら、さん教えてくれる人が、結構いますし、会話は楽しいものです。 小京都・城下町って、町も人も 何だか懐かしく、ゆったりと時間が流れているように感じます。またリフレッシュしに、どこかの町を訪れたいです。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。