HOME » ステッドで働く人のブログ

「リアル翻訳こんにゃく」

こんにちは。営業部の森岡です。

昨年に発売されたポケット翻訳機について紹介したいと思います。

商品名は「ポケトーク」という小型の翻訳機です。

50ヶ国以上の言語に対応しており、ボタン一つで翻訳機能が利用できます。

ポケトーク

http://www.sourcenext.com/product/pocketalk/
専用のデバイスを利用しなくても、スマホのアプリやパソコンのブラウザを使って翻訳する事は可能と思われますが、
アプリやブラウザでは、翻訳まで一定の時間(起動してから入力と言った手間)が必要となっていました。

今回、紹介するポケトークはボタン1つで翻訳機能が利用できるので、
コミュニケーション時にタイムロスを軽減できます。

ポケトーク2

実際、外出先で海外の方から道を聞かれたりすると、いちいちアプリを起動するのは面倒で、稚拙な英語で対応したことがありました。
もちろん逆の場合も同じで、伝えたい事を全て伝えることは難しいと思います。

翻訳機能の精度は高いと言われていますが、実際のところは使った事がないので不明です。
一応、第三者機関による評価を受けているみたいで、かなり高評価とのことです。

海外旅行で現地の人に喋る事に抵抗がある人には良いかも知れません。
また、2020年には東京オリンピックもあるので、サービス業などにはメリットがあるかもですね。

価格は29,800円と安い訳ではありませんが、注文数が伸びているので、需要は多いみたいです。

ネットでは、ドラえもんの「翻訳こんにゃく」みたいというコメントもでており、
個人的にも使ってみたいと思います。

もし購入したら、ブログで報告したいと思います!

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。