HOME » ステッドで働く人のブログ

高槻天神祭は春の訪れ

みなさんこんにちは。 システム部のS.Mです。
3月も中頃となり、ようやく春の訪れを感じ取れる今日この頃。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

先日の2月25日と26日に、地元高槻で高槻天神祭が開催されました。
冬とはいえ、JR高槻駅から上宮天満宮までが露店が立ち並び、人がごった返す、
夏の高槻まつりと並ぶ高槻市の一大イベントの一つです。
私にとっては、2月末開催ということもあり、春を心待ちにするイベントとして
がっつりと楽しみはしないものの、毎年の開催を楽しみにしています。
他の高槻在住の方も同じように感じておられるのではないでしょうか。

私も祭当日に駅前近辺を歩きましたが、いつになく人が多く、
人波をかき分けて歩くのが大変でした。
ですので、あまり深入りはせず、インド料理の出店でタンドリーチキンを
買って帰る程度で済ませました。 毎年のことながら美味しゅうございました。

さて、高槻天神(てんじんさん、上宮天満宮)ですが、調べてみたところ、
太宰府天満宮に次いで日本で2番目に古い天満宮だそうで、
1000年以上の歴史を誇る由緒正しき神社のようです。
思っていたよりスゴい神社だったと驚きを隠せません。

DSC_0090
参道入り口です。 階段はやはりこたえます・・・。

社殿そのものの敷地はそれほど広くはありませんが、竹林もあり
静謐な雰囲気を醸し出しています。
駅からそれほど遠くもなく、散歩ルートにも最適です。
祭は終わってしまいましたが、是非ともお越しください。

DSC_0088
本殿です。 祭りの後ということもあり、人影はまばらでした。

DSC_0089
狛犬と猫という組み合わせの妙。 ちょっと和みました。

ただ、社殿等の屋根にパトライトが設置されていたり、
24時間監視中の看板、監視カメラなど、神社に似つかわしくないものがあったり、
竹林への不法投棄など不審な行動があるようで、こういった措置を取らざるを得ない
状況が少しさみしく感じました。
寺社仏閣に対して罰当たりなことはしたくないものです。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。