HOME » ステッドで働く人のブログ

加湿器

こんにちは。東京事業所の筒井です。

今日は世間一般ではバレンタインデーと呼ばれる日ですが、それはともかく今から全く関係ない話をします。

冬の朝、目が覚めると口や喉がカラカラになっていることも多いかと思います。
対策せずに放置し続けた日には風邪まっしぐらですので、こたつで寝てしまうようなタイプの方のためにも今日は加湿器の話をしたいと思います。

加湿機には、大きく分けると3種類あります。
①スチーム式 : お湯を沸かした発生する蒸気で加湿するタイプ
②超音波式 : 常温の水を超音波で細かい霧にし、拡散させて加湿するタイプ
③気化式 : 湿らせたフィルターなどに風を通し、水を蒸発させて加湿するタイプ

まずはそれぞれのタイプ別にメリットとデメリットをまとめます。

①スチーム式
【メリット】
・加湿能力が高い
・水を加熱するため、雑菌が繁殖しにくく衛生的
【デメリット】
・消費電力が大きい
・吹き出し口が熱くなる場合があり、安全性は低め
・ミネラルやゴミなどの不純物が本体に残るため、掃除が面倒

②超音波式
[メリット]
・加湿能力が高い
・安価&小型なものが多い
・消費電力が小さい
[デメリット]
・水に含まれるor本体で繁殖した雑菌も一緒に拡散してしまう
・水に含まれる不純物も一緒に拡散するため、部屋が汚れやすい

③気化式
[メリット]
・消費電力が小さい
・過加湿による結露がない
[デメリット]
・加湿能力が低い
・フィルター交換が必要
・フィルター交換しないと雑菌が繁殖しやすい
・ファンの音が大きい

基本的な加湿器のタイプに関しては以上ですが、上記のタイプを組み合わせたものも存在するので、そちらも以下にまとめておきます。

④ハイブリッド式 : 水を加熱しつつフィルターなどに風を通して加湿するタイプ
[メリット]
・比較的加湿能力が高い
・不純物や雑菌が拡散しにくい&繁殖しにくい
・比較的消費電力が小さい
[デメリット]
・構造が複雑になるため高価&大型なものが多い
・フィルター交換が必要

タイプ別のメリット・デメリットといえばこんなところでしょうか。
私個人はというと、子供のころ家にあった加湿器は大きめのスチーム式で、母からいつも「熱いから気を付けなさい」と言われていたような記憶があります。また、置き場所の周囲の壁や床がびしょびしょに濡れてしまっていたこともあったように思います。
子供の頃は超音波式というのはほとんどお店で見なかった気がしますし、恐らく一般家庭で一番使われていたのはスチーム式だったのではないでしょうか。

しかしここ数年、家電量販店だけでなく雑貨屋などでも小型でおしゃれな加湿器を売っていることが増え、そのほとんどが超音波式のような気がします。私も数年前に安価な超音波式を購入してしばらく使っていました。
もちろん加湿効果は高く、満足いくものだったのですが、使い始めてしばらくすると部屋中の家電や棚に白い粉のようなものが目立つようになり、我慢できなくなり使用をやめてしまいました。
私個人としては多くのメリットを補って余りあるデメリットだったので、気にされる方にはあまりお勧めできません。

かといって、巨大で高価なハイブリッド式や選択肢の少ない気化式などを選べばいいのか、というと一概には言えない部分があると思います。
家族が多かったり体の弱い人がいるなどであれば高性能なものを購入するのもいいですが、色々なケースがある中、それぞれのメリット・デメリットを踏まえて丁度いいものを買うのも一つの方策かとは思います。

ちなみに私はというと、寝るときにマスクをし、電気を使わない気化式の加湿器を併用するという形に落ち着いています。
ここまで語っておいて機械式ではないものを使っているのかというツッコミは無しでお願いします。

810YlXZ--UL__SL1500_

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。