HOME » ステッドで働く人のブログ

国籍って何でしょうか?

おはようございます。東京事業所のKです。

以前、ある政治家の「二重国籍問題」が注目されています。
二重国籍者は40万~50万人はいるという推定もあるようです。

まず、国籍の定義ですが、法務所のQ&Aによると国籍とは、人が特定の国の構成員であるための資格をいいます。となっています。

国籍の決め方には2通りがあるそうです。
両親どちらかの国籍が子供の国籍となる「血統主義」と、
どこで生まれたかを基準にする「出生地主義」の決め方があります。
「血統主義」は日本やドイツが、「出生地主義」は米国やカナダがあります。

たとえば、日本人夫婦に米国内で子供が誕生した場合、その子供には米国籍も与えられます。
また、日本人とドイツ人の男女に子供が生まれたら、子供は両国の国籍を持つことになります。
などのケースで二重国籍になってしまいます。

日本の国籍法では、二重国籍になった場合、一定期間内にどちらかの国籍を選ばなければならないとしているが、
実際には守られていないケースが多いのと強制もしてない現状があるようです。
二重国籍の場合、国民としての義務や、外交的保護などの問題の可能性があると思われますが、

国際結婚の両親から生まれ、二重国籍をもった子供の場合、
22歳になって両親のどちかの国籍を選ぶということが、
母と父どちが好き?と聞いているようで複雑な気分になりました。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。