HOME » ステッドで働く人のブログ

なくなる仕事

皆さんこんにちは。営業部長の小原です。
今回は、2013年8月号の「週刊現代」に掲載された、
2020年代に「なくなる仕事」の記事についてご案内いたします。
これは週刊現代が、経済・産業の専門家へのアンケートをまとめたものです。

コンピューター技術の進歩が、様々な仕事の自動化を促進し、
ロボットの飛躍的な成長が我々の仕事を奪い続けるようです。

【なくなる仕事1】*クリックすると大きくなります
%e3%81%aa%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%82%8b%e4%bb%95%e4%ba%8b1

【なくなる仕事2】*クリックすると大きくなります
%e3%81%aa%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%82%8b%e4%bb%95%e4%ba%8b2

一方、ロボットやコンピューターは芸術などのクリエイティブな作業には
向いていないため、創造的な仕事はなくならないと言われています。

1.振り付け師
2.内科医と外科医
3.警察と探偵
4.小学校教員
5.セラピスト
6.緊急事態の管理監督者
7.ヘルスケアソーシャルワーカー
8.消防監督者
9.心理学者
10.栄養士
11.セールスエンジニア
12.指導(教育)コーディネーター

などがコンピューターやロボットに代替されにくい仕事みたいです。
皆さんのお仕事は大丈夫でしょうか(*^。^*)

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。