HOME » ステッドで働く人のブログ

てんしばi:na(イーナ)

こんにちは。営業部の森岡です。
先日、天王寺に行くことがあったので、「てんしばi:na」を見に行ってきました。

「てんしばi:na」とは、「天王寺公園」(大阪市天王寺区)内、動物園の入り口近くの新エリアとなり、「育てよう!好奇心」をコンセプトに、カフェやBBQ施設などの飲食店や雑貨店、屋内外で楽しめるアクティビティ施設など計8店が出店する施設になります。

施設としては、2019年11月22日にオープンしました。

イーナ③

特に注目となる施設は、関西初上陸のアクティビティ施設「PANZA」です。
国内最大級の設備を誇るインドアクライミングの「noborun!」と、
屋外の本格大型アスレチック「sorarun!」の2種類があり、
アドベンチャー体験ができる大型施設となっています。

パンザ①パンザ②20191122-00081762-lmaga-000-1-view

実際に来ているお客さんはファミリー層が多く、室内外問わずたくさんの小学生ぐらいのお子さんが遊んでいました。

ちなみに屋外の「sorarun!」は天王寺動物園に面しており、動物園側から見ると展示動物と同じように「ヒト科」の看板があるみたいです。

2015年に天王寺公園のエントランスが「てんしば」としてリニューアルされてから、次々と施設が出来ています。それに伴って、たくさんの人が集まるスポットになっていると思います。

「てんしば」自体には飲食店、フットサル場、ドックランなどなどたくさんの施設がありますので、まだ行った事の無い方は、暖かくなったら是非行ってみてください!

「てんしば」URL
https://www.tennoji-park.jp/

カテゴリー: 未分類 | てんしばi:na(イーナ) はコメントを受け付けていません。

家計 -支出の見える化-

みなさん。こんにちは。

営業部の永村です。

突然ですが、みなさんはどうやって「家計」を把握していますか?
私は、ほぼクレジットカードも使いませんので
完全に「現金預金管理」をしていました。

貯金するには、結果この方法が一番良いと今でも思っている
古い発想の人間ですが、そんなことも言ってられないほど、
去年くらいから世界がガラッと変わってしまいました。

その最たるものが「キャッシュレス決済」です。
特にスマホ決済アプリで決済する場面をよく見るようになりました。

さらに期間限定の消費税増税による家計の負担増の対策として、
登録事業者でキャッシュレス決済をすると
国が5%(フランチャイズは2%)のポイント還元をする という制度があるため、
ますます「お得なツール」として注目されています。
(ポイント還元事業が始まって、1日平均10億円の還元がされているそうです)

一応、我が家も、paypay を使うようになりましたが
私的に気付いたことが2点あります。

1点目は「キャッシュレス決済のことをよくわかっていない」です。
先日も妻が「5%還元のお店なのに現金で支払っている」場面を見ました。
なぜ現金で払うのか?理由を聞くと、
—————————————————————————
・「え、そうなの?(5%還元なのに)気付かなかった」
・「paypayで決済はできないと言われたよ」
—————————————————————————
などと言われます。勉強が必要です。

2点目は「(いまいち)支出がつかめていない」です。
先日も、日時と店と金額が分かっていても
3日前に買ったものが思い出せないことがありました。
(結局、イオンの中の薬局で買ったコンタクトレンズ液でした)

こちらについては、ひとまずの対策として
家計簿アプリで管理する方法を試すことにしました。

家計の管理の仕方もどんどん変わっていきますね。

以上です。

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | 家計 -支出の見える化- はコメントを受け付けていません。

山梨県甲府市

こんにちは。
東京事業所のT.Kです。

昨年の話になるのですが、山梨県の甲府市に行ってきました。
理由は子供が1/2成人式を迎え、そのお祝いとして旅行を
計画しました。行きたい場所を子供に聞いたところ、鉄道好きと
いうこともあり「特急かいじ」に乗れる甲府市がいいとなりました。
甲府市は以前ほうとうを食べにいったことがありましたが、市内の
名所見学をしていませんでした。
今回は私と妻の両親も一緒で一泊旅行となりました。

1日目にまわった中でメインとなったのは武田神社です。
名前の通り武田信玄を祭神としています。
当日は七五三の時期でもあり、非常に多くの家族が来ていました。
IMG_0178
せっかくなので敷地内にある宝物殿も見てみました。
印象深かったのは風林火山が書かれている軍機「孫子の旗」や
武田武将24人が描かれた「武田二十四将図」でしたが、展示品すべて
撮影NGのため、唯一許されていたのは武田信玄公の像のみでした。
IMG_0182

IMG_0181
2日目はワイナリーにも行きましたが、またの機会にご紹介したいと
思います。

カテゴリー: 未分類 | 山梨県甲府市 はコメントを受け付けていません。

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

営業部の村上です。本年もよろしくお願いいたします。

あっという間に令和2年も半月ほど経ちました。
このまま、あっという間に終わってしまうこと無く、充実した1年間、記憶に残る1年間にしたいと思います。
東京オリンピックの年にあんなこと、こんなことしたなと想い出せるようにしたいです。
1月11日に地元の神社(片埜神社)の10日戎に行き、気合をいれて、1年間の商売繁盛と健康をお祈りしてきました。

1

2
■片埜神社のご紹介
豊臣秀吉公より大阪城鬼門鎮護の社と定められ、立身出世・商売繁盛・社運隆昌に霊験あらたかと言われています。

カテゴリー: 未分類 | 明けましておめでとうございます。 はコメントを受け付けていません。

ワークマン

こんにちは。システム部のS.Sです。
日経トレンディの2019年の「ヒット商品ベスト30」のの第1位は「ワークマン」です。
発表されている今年9月までの売上高では、なんと24か月連続で前年度超え。国内の店舗数では、今年ついにユニクロの店舗数を上回りました。
ワークマンは元々、建築現場で働くプロ向けの作業服を得意とするブランドですが、昨年年からは「ワークマンプラス」という、アウトドア向けのカジュアルラインを扱うブランドを展開し、イオンなどのショッピングセンターにも店舗を増やしています。
夏には「空調風神服(R)シリーズ」という小型のファンがついた作業着がヒットしました。この冬は電熱線入りで暖かいジャケットや裏地にアルミ箔は使ったジャンパーを出しているそうです。
私もワークマンで下の写真のようなレインウェアとデイバッグを購入しました。耐水圧と透湿度の高い商品でしたが、値段も高くなく、ポケットのファスナーもシーリングされているので、水が浸入する心配もなく満足しています。
みなさんも、一度お店を覗いてみられては如何でしょう。
rainwear_r006
ワークマンの公式ホームページ

カテゴリー: 未分類 | ワークマン はコメントを受け付けていません。

「OSAKA光のルネサンス」

ブログをご覧の皆様、こんにちは。 営業部の大内です。

「神戸ルミナリエ」の話題に続きまして、大阪では中之島界隈で、毎年恒例の「OSAKA光のルネサンス」が12月25日まで行われています。

IMG_20191217_212827

プロジェクションマッピングで中央公会堂がとても華やかです。

IMG_20191216_220430

中之島ローズライトパーク(東会場)側には、BIGスノーマンがいます。

 

スノーマンの周りの光は、小学校の生徒や保育園児が作った光で「ひかりの実」といい、一人ひとりの笑顔がつくる夜景になります。

IMG_20191217_075656

他にも夜店もたくさん出ていて、おししいものが満載なのでお勧めです!!

カテゴリー: 未分類 | 「OSAKA光のルネサンス」 はコメントを受け付けていません。

「神戸ルミナリエ」

こんにちは。
営業部の榎本です。

もう12月も半ばになり、2019年が終わろうとしています。
歳をとるごとに、1年経つのがあっという間だと感じます。

さて、先日私は「神戸ルミナリエ」に行ってきました。

IMG_7127

IMG_7138

近畿地方の方ならご存知だとは思いますが、
平成7年1月17日に発生した阪神・淡路大震災犠牲者への
鎮魂の意と都市の復興・再生への夢と希望を託して
行われているイベントです。

昨年は約343万人もの来場者があり、
今年で25年目を迎えたということです。

私も阪神大震災を経験し、地震が発生した頃は就寝中で、
揺れで目が覚め、ベットの上に置いていた卓上の照明器具が
頭の上に倒れてきて起きあがりました。

自宅のキッチンに行ってみると、
食器棚からは食器がほとんど飛び出して割れていました。
テレビも倒れていて、足の踏み場が無かったです。

電気とガスはすぐに復旧したものの、断水が続き
お風呂は銭湯に通っていたことを思い出します。

幸い家族は全員無事で、自宅も建物自体に問題は
ありませんでした。

この25年の間には、様々な場所での震災や東北大震災、
天災が発生しましたが、その度に阪神大震災のことを
思い出します。

一昨日も北海道で地震があったようですが、
被害が出ていないことを願います。

カテゴリー: 未分類 | 「神戸ルミナリエ」 はコメントを受け付けていません。

「スタジオアリス女子オープン」

皆さんこんにちは。営業部長の小原です。

前回のブログでは男子のトーナメントの「マイナビABC」を
紹介しましたが、今回は女子トーナメント会場のラウンドレポートです。
トーナメントは「スタジオアリス女子オープン」です。
ゴルフ場は兵庫県の「花屋敷ゴルフ倶楽部」よかわコースです。

s-入口看板

今年で14回目のとても歴史のあるプロゴルフ女子トーナメントです。
2019年度の優勝者は「申ジエ」さんで、逆転の今季初優勝でした。

s-申ジエの横で

これがTVでよく見るホールアウト後の選手へのインタビュースペースです。
ちょっと日影で暗いんですが、記念に写真撮っておきました。

s-スタジオアリスの前で

2週間前は男子プロの観戦に行き、今回は女子プロのトーナメント会場での
プレイと、ホントにゴルフが大好きな3人組のようです\(^o^)/

s-プレー前3人で

今月はいつものゴルフと違い、プロゴルフの”空気感”を肌で体感できました。
1年に1度ぐらいは、プロゴルフのトーナメント会場でプレイするのも
楽しいかも知れません。来年はどこに行こうかな~~~(*^。^*)

カテゴリー: 未分類 | 「スタジオアリス女子オープン」 はコメントを受け付けていません。

月極め空き駐車場の有効活用

こんにちは。営業部の森岡です。
駐車場シェアサービスについて紹介しようと思います。

駐車場シェアサービスとは、以前に紹介した「駐車場予約サービス」と同等のサービスとなります。
サービスの名前は「スマートパーキング」と言います。
↓スマートパーキングURL↓
https://smart-parking.jp/

対象となる駐車場は、月極めの空き駐車場となり、登録をすることで誰でも利用できるというものです。
以前に紹介した「駐車場予約サービス」との違いは予約ができない点だけで、月極めの空き駐車場が街中のコインパーキングと同じように利用することができます。

「スマートパキング」は3年前に名古屋を中心にサービスがスタートしており、2年前程から関東や関西でも普及し始めています。

利用方法としては、
 ①スマホに専用アプリをインスールして登録を行います。
 ②対象となる駐車場には、カラフルなカラーコーンが設置されており、
  そのカラーコーンにビーコンが取り付けられているので、ブルートゥースで
  スマホと認証を行います。これで駐車場の利用をすることができます。
 ③決裁はカード等での支払いとなります。

最近、近所に「スマートパーキング」の駐車場が出来ており、調べてみると上記内容のサービスとなっていました。

利用する側としては、「駐車場予約サービス」と同様、こういったサービスが増えれば、活用できるのでないかと思います。

興味のある人は利用してみてください。

カテゴリー: 未分類 | 月極め空き駐車場の有効活用 はコメントを受け付けていません。

とうとう日本でも「置き配」 開始 -浸透するか?-

みなさん。こんにちは。

営業部の永村です。

新聞で気になった記事について紹介します。
———————————————————————
記事『アマゾン、全国で「置き配」 日本郵便と20年に』

《要約》
アマゾンジャパン(東京・目黒)は2020年に、
希望者に対してネット通販の荷物を
玄関前などに置く「置き配」を全国展開する。

自社の配送網のある地域に限ってきたが、
宅配3位の日本郵便と連携する方針を固めた。

日本の宅配便全体の約2割を占め、
年に9万人の労働力を要している再配達を減らし
配達員の負担の軽減や業務の効率化につなげる。
———————————————————————

個人的には再配達って本当に価値を生み出さない時間なので
「もったいないなぁ…」と関係ない立場ながら思っていました。
実際に、休みの日で自分は家にいるのに爆睡中などの原因で、
呼び鈴に気付かなかったときに
「やってしまった…二度手間やん」と配達員の方に対し、
申し訳ない気持ちになることもあります。

記事によると、2018年度の日本全体での宅配便の取扱数は約43億個で
19年4月のヤマト運輸、佐川急便、日本郵便の大手3社の再配達率は16%と
前年から1ポイント上昇。都市部は18%と特に高い そうです。
ちなみに再配達には9万人の労働力を要している とのことです。

無題

アメリカや中国では一般的なこの「置き配」ですが、
日本では、色々と課題があり、浸透するのか?が注目されています。

========================================
【課題】

・盗難の防止策は?
・実際に盗難や破損があった場合の補償は?
・配達員が「置き配」を確実に行ったことをどうやって証明する?
・送伝票が見られてしまうなどプライバシーはどう守る?
========================================

個人的には浸透して欲しいと思っています。

以上です。

(日本経済新聞 記事から抜粋)

カテゴリー: 未分類 | とうとう日本でも「置き配」 開始 -浸透するか?- はコメントを受け付けていません。