HOME » ステッドで働く人のブログ

エクシブ京都 八瀬離宮

ブログをご覧の皆様、こんにちは。
営業部の大内です。

12月17日と18日に会社のインセンティブで頂いた、エキシブ無料宿泊を利用して京都八瀬離宮に行ってきました。
ラッキーなことに、スタンダードの部屋が改装中で一つ上のラージの部屋に泊まることができました。
DSCN1287

DSCN1290

DSCN1286

夜は、ホテルのフランス料理「ボナキュー」でコースを食べました。
ゆっくりと至福の時を味わいながら約3時間の食事を楽しみました。
今まで体験したことがない時間を過ごしました。
DSCN1315

KIMG0724

DSCN1309

翌朝は、日本料理「華暦」の離宮和食御膳。
DSCN1333

DSCN1342

幸せなひと時を過ごせました。

カテゴリー: 未分類 | エクシブ京都 八瀬離宮 はコメントを受け付けていません。

minamiキャンドルナイト

こんにちは。㈱ステッド管理部のM.S.です。

先週16日、大阪府南部の泉北ニュータウンにある西原公園(堺市南区)で、

泉北ニュータウン街開きから12月1日で50年を迎える事を祝うイベントがありました。

堺市の高齢化率は33.3%で、流出の続く若者に古里の意識を持ってもらおうと、

2009年からイベントが開催されて、

2011年から地元の大学らが企画して、今年は170名くらいが参加しています。

KIMG0230

舞台設営、出店のお手伝い等で 地元の大学に通う姪が参加していた縁で

初めて訪れました。

今年は、「minamiキャンドルナイト」と称して

ろうそく1万個のキャンドルが暗闇を淡く照らし、幻想的でとてもキレイでした。

1513438663002KIMG0226

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | minamiキャンドルナイト はコメントを受け付けていません。

「イラっとさせられる文章」に共通する3大NG

こんにちは。
営業部の榎本です。

2017年9月27日の東洋経済オンラインに掲載された記事が
気になりましたので、ご紹介したいと思います。

“「イラっとさせられる文章」に共通する3大NG”というタイトルで、
「全員が同じ解釈」できる文章を書くために、受け取る人によって
異なるイメージを抱く「あいまいな表現」を可能なかぎり避けましょうと
いう内容でした。

避けるべきは、「形容詞」「指示語(こそあど言葉)」「ビッグワード」の
3つが、あいまいな表現の典型例とのこと。

その3つの中から、「ビッグワード」を取り上げたいと思います。

ビッグワードとは、「最適な解決策」「迅速な処理」などの言葉で、
耳辺りがよく、何かを伝えているようでいて、実は何も伝えられていない
典型ワードとのことでした。

例えば、「問題の解決」というワードであれば、

「問題」→「1割の商品に納品の遅れが生じていること」
「解決」→「すべての商品が、納期の3日前には検品完了している状態」

など、ビッグワード(広義の言葉)をスモールワード(狭義の言葉)に
定義をし直して、誰が読んでも誤解のない文章にすることが重要とのこと。

この記事を読んで、文章はもちろんのこと言葉で伝えるときにも
人によって解釈が異なるあいまいな発言をしないよう
注意をしなければいけないと感じました。

本記事にご興味のある方は、下記がリンク先となりますのでご覧ください。

「イラっとさせられる文章」に共通する3大NG
~結局何が言いたいの?と言われる原因はこれ~
http://toyokeizai.net/articles/-/187658

49bd331fd3e608f4b2f929fba2dbdefe_s

カテゴリー: 未分類 | 「イラっとさせられる文章」に共通する3大NG はコメントを受け付けていません。

Myanmar Beautiful Island!!!

Hello Everyone,

I am Thiri from system Department.
I would like to introduce about myanmar beautiful isalnd that exists at Southern Myanmar
and it is called by Cocks Comb Island.The Shape is Heart-shape like as following image.

11988591_878286932239710_9207026772852630138_n

カテゴリー: 未分類 | Myanmar Beautiful Island!!! はコメントを受け付けていません。

腹筋ローラー

こんにちは。システム部のYです。

先日、運動不足解消に腹筋ローラーを購入してみました。
昔やったことはありますが改めてやってみると、
腹筋に物凄く負荷がかかり一週間程筋肉痛が続きました。
今後も継続してやっていければと思います。

興味のある方は試してみてください。
アマゾンだと安いもので1000円弱で購入できます。

fukkinroller-min
カテゴリー: 未分類 | 腹筋ローラー はコメントを受け付けていません。

動物が近い動物園

こんにちは。東京事業所の筒井です。

先日、埼玉県にある東武動物公園に行ってきました。
関東で動物園といえば上野動物園、といったイメージがあるかもしれませんが、負けず劣らずの魅力があったので少し紹介したいと思います。

ぶっちゃけて言ってしまえば、いつでも上野動物園に行ける身としては、東武動物公園のイメージはストレートに「ショボそう」と思っていたわけです。
大きさで言えば上野以上ということは無いだろうし、埼玉だし(※これは千葉生まれの埼玉ライバル視ゆえの発言であり、埼玉県を貶めるものではありません)…というわけで今までなんとなく行くのを避けてきていたのですが、とある理由(※)で訪れることになり、今までのイメージは間違いだったことがわかりました。

※とある理由というのは「ヒヨコさわりたい」でした。

手っ取り早く良かった点を述べると、

①ヒヨコが触れる
都内でヒヨコおさわりOKの動物園は意外と無かったのです。

DSC01561
さわれました

②動物との距離が近い
なんだか他の動物園より動物に近づける機会が多く、あまり見られないような姿が見られたり、触ったり餌をやったりとホクホクでした。

DSC01557
カバの餌やりタイムは泣きたくなるくらい大迫力です(これでも甘えてます)

DSC01583
何か所か自分で餌やりできるところもありました

DSC01595
なんかデッカイ鳥が頭上スレスレを飛んでいきました

③意外と動物が多く、全く飽きない
調べてみると120種類1200頭と意外と多く、午前中から暗くなるまで歩きまわっても全く飽きず、物足りなさはありませんでした。正直舐めてました。

DSC01534
120種の中でもエースを張っているホワイトタイガーさん

というわけで、食わず嫌いしてきた東武動物公園を超満喫して帰ってきました。
満足度が高かったのは、たまたま空いている平日に行けたというのもあると思うので、行ける方は是非平日に行かれることをお勧めします。

最後に、写真を見返していると、どうやら私は真正面からの顔を撮るのが好きだということがわかりました。

DSC01601

DSC01531

カテゴリー: 未分類 | 動物が近い動物園 はコメントを受け付けていません。

テレビ購入

こんにちは。管理部のWです。

先日、我が家のメインのテレビがぶっ壊れたので、近くの家電量販店に買いに行きました。

テレビを買うのは10年半ぶりなので、前のテレビはよく持ったほうかもしれない。

ブランドにはこだわらないので、格安と評判の中国ハイセンス製を目当てに行ったけど、4Kでありながら、明らかに日本製テレビに比べて画質は劣っており、家族の反対もあってハイセンスは断念となりました。

結局、SONYの4Kテレビを買ったので予算は想定をオーバー。

でもユーチューブも見れるし、画質もきれいでまあ満足しています。

次回はまた10年後、今度は今よりずっと安くなっているはずの有機ELテレビになるかな。

EL

カテゴリー: 未分類 | テレビ購入 はコメントを受け付けていません。

「山の辺 柿の葉ずし」第2弾!

皆さんこんにちは、営業部長の小原です。
本日は、今年の6月にご紹介した「山の辺 柿の葉ずし」の
第2弾の案内です。

前回のブログでは、柔らかくて、少し小さくて、とても美味しいと、
おもに味覚に関してのみご紹介していましたが、
「山の辺 柿の葉ずし」は、もう一つとても人気があるところがあります。

それは、緑の葉っぱではなくて、紅葉した葉っぱでつくるところです。
なにわともあれ現物がこれです。ぜひご覧ください\(^o^)/
↓ ↓ ↓

s-IMAG0921
<写真をクリックすると大きくなります>

私も今まで見たことが無くて、少し感動しました!
ちなみに、おすしの味は緑の葉っぱと変わりません(*^。^*)

営業時間は朝の10時からなんですが、
9時過ぎにはこのように人が並んでおり大盛況です。
↓ ↓ ↓
s-IMAG0914

皆さんも是非一度紅葉した「柿の葉ずし」を食べてみては如何ですか?

カテゴリー: 未分類 | 「山の辺 柿の葉ずし」第2弾! はコメントを受け付けていません。

「2018年の手帳」

こんにちは。営業部の森岡です。

11月が終わろうとしており、今年も残すところ1ヵ月となりました。
皆さんは来年の手帳はもう購入されましたでしょうか?

スマホ時代にもかかわらず、手帳市場は年々活性化しており、進化を遂げています。今回は進化したアナログ手帳をご紹介したいと思います。

ご紹介するアナログ手帳は「1冊2役型」「ノート進化型」「カレンダー併用型」の3タイプです。
 
 
◎一冊2役型

【社名】株式会社MDS
【製品名】モレスキン18スマートダイアリー

 手書きの予定をGoogleカレンダー、Moleskine Timepage、
 その他接続する様々なアプリやサービスに同期させます。
 モレスキンペン+を使ってページに予定を書き込み、
 お使いのデジタルデバイスと同期させることで、
 いつでもどこでも内容を確認することが可能となります。

https://www.moleskine.co.jp/

モレスキン

【社名】株式会社デザインフィル
【製品名】ミドリのポケットダイアリーマネー2018

 家計簿とスケジュール帳が1つになった便利な手帳。
 スケジュールページと、マネー管理ページをそれぞれ確認できるので、
 予定をチェックするついでに、ランチに使ったお金を記入するなど、
 1冊に機能がまとまることで時短も期待できます。

【社名】株式会社アートプリントジャパン
【製品名】G.B.プランナーダイアリー

 マンスリースケジュールを確認しながらTO DOリストを組み立てられます。
 メモ部分を開くと、マンスリーページとガントチャートページを
 俯瞰できるので、スケジュールを確認しながら進行計画を
 立てることができます。
 
 
 
◎カレンダー併用型

【社名】コクヨ株式会社
【製品名】キャンパスダイアリーマンスリー卓上タイプ

 打ち合わせや外出には手帳として持ち運びできて、
 デスクでは卓上カレンダーとして立てて使うことができます。
 スタンドパーツがついているので、
 ワンタッチで手帳を立てることができます。

 1か月の予定を片面ひと目で確認することができるので、
 デジタルと併用でスケジュール管理をする方にも便利です。
 ノート部分は方眼罫になっています。

http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/campusdiary/lineup1/

コクヨカレンダー
 
 
◎ノート進化型

【社名】株式会社デザインフィル
【製品名】ミドリのMDノートダイアリー

 たっぷりと余白を取った、自由度の高い【月間ブロック】フォーマットに、
 万年筆でも裏抜けしにくく、書き心地抜群のMD用紙。
 フラットに開く糸かがり製本。素材の良さを活かし、
 削ぎ落としたデザインが使う方のクリエイティビティを刺激する、
 シンプルで上質なダイアリーです。

http://www.midori-store.net/SHOP/8733/51827/list.html

MDノートダイアリー
 
 
2018年の手帳をまだ購入されていない方は参考にしてみてはいかがでしょうか。
個人的にはカレンダー併用型を購入しようかと思っています。

カテゴリー: 未分類 | 「2018年の手帳」 はコメントを受け付けていません。

“うちは現金支払いお断り”の時代が来る!?

皆さん。こんにちは。
営業部の永村です。

先日、こんな記事を見つけました。
——————————————————————
【記事】
《毎日新聞》
Fintech:スマホで決裁 現金消えた スウェーデン

【概要】
スウェーデンでは、スウェーデン大手6銀行が共同運営する
スマートフォンの決済アプリ「スウィッシュ」での支払いが主流になっており、
中には『現金支払いお断り!』のお店も出てきている。

キャプチャ

↑↑↑
カウンターに「現金支払い禁止」の告知板を置いたお店。
なお、店の奥にあるレジの中は“空っぽ”だそうです。

——————————————————————

記事の中では、下記のことにも触れています。

(1)国民の半数以上が使用し、特に若年層(19~23歳)の使用率は95%に達する。
(2)中央銀行の調査では、財布に全く現金を入れていない人は15%に達した。
(3)スウェーデンでは国内紙幣:クローナのデザインが2015年に変更されているが
  1年半以上使っていないので、もはやデザインを覚えていない。
(4)ATMが撤去され、国内銀行全支店の半分以上が現金を取り扱っていない。
 ※“現金のない支店に銀行強盗に押し入った事件”が話題になったこともある。
 
結論:国内通貨(クローナ)を、国民はあまり使わなくなっている。
——————————————————————

ざっくりいうとこのような記事です。

この記事も「Fintech」という記載がありますが、
そもそもどこまでが「Fintech」というカテゴリーなのでしょうか?

注目されているのは分かりますが
広義過ぎて、いまいち分かり辛いですね…

弊害としては「現金で販売したいが、現金を持つ人が少なくなってしまった」
などの声も多く、また、ITについていけない高齢者も多いとのことです。

また、デジタル通貨で処理するための設備投資が
店舗負担になるので、そのあたりの影響などが気になります。

実際に日本でも、POSレジで
仮想通過「Bitcoin」で決裁が可能なサービスも出始めています。

そう遠くない未来に「うちは現金支払いはお断りだよ!!」というお店も
出てくるのでしょうか?

以上です。

 

カテゴリー: 未分類 | “うちは現金支払いお断り”の時代が来る!? はコメントを受け付けていません。