HOME » ステッドで働く人のブログ

読書と記憶と感情

こんにちは、システム部のDです。

本日は読書と記憶についてのお話です。

 
本2
 

以前、最低週に1冊は読書することを心掛けていたのですが、数ばかりに気がいってしまっていたことがありまして。
本は読んだけど、結局は内容が知識として身についていなかったことに気づきました。読んだ気になったというやつですね。

最近YouTubeを見ていて読書について参考にしたい動画がありました。何やら記憶に残りやすくする3つの術があるとのことです。
一度読んだら忘れない3つの読書術とは?

1.‐ 読む前 ‐ 目次を確認してストーリーを想像する
 →目次で「こういうことなんだろうな」とイメージした後、読み進める中で「そういうことだったのか」と納得することで、いい意味での期待の裏切りがあると頭に記憶が焼きつくそうです。裏切りは多いほうが良いみたいです。

2.‐ 読みながら ‐ 要所でメモをとる
 →読み終わった後に「この本おもしろかったな」と感じたとしても、どの部分が?どういう風に?を思い起こしにくくなるので、読み進める中で興味深かったり感情が揺れ動いた要所で、また自分の言葉で要約することにより記憶しやすくなるそうです。

3.‐ 読み終わった後 ‐ アウトプットする(説明やレビュー)
 →頑張って思い出しながらアウトプットするというのが重要のようで、なかなか思い出せない、表現できない等、悔しい感情が加わるとより一層記憶に残りやすいそうです。

この三つの内容、読書に限らずいろいろな経験の中で、「なるほどな」と思うところがありますね。結局、物事は感情とセットだと記憶しやすくなるということです。
仕事、遊び、すべての経験に対しても応用できそうですよね。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。