HOME » ステッドで働く人のブログ

ブルーノート攻撃

こんにちは。システム部のYです。

先日、いくつかのIT系ニュースサイトで紹介されていた記事を紹介します。

■スピーカーで音を鳴らすだけでPCがクラッシュ 「ブルーノート」攻撃に注意(ITメディア 2018/5/31)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1805/31/news131.html

■PCをクラッシュさせる音響攻撃「ブルーノート」–スピーカから音を流すだけで(CNET Japan 2018/5/31)
https://japan.cnet.com/article/35120062/

■人には聞こえない音を流してハードディスクを物理的に破壊しブルースクリーンを引き起こす「ブルーノート」(GIGAZINE 2018/6/1)
https://gigazine.net/news/20180601-blue-note-crash-hdd/

記事内容をざっくり要約するとこんな感じです。
・PC内蔵スピーカーや近くにあるスピーカーから特定の音を鳴らすだけで、PCをクラッシュさせることを研究者グループが実証
・攻撃を受けるのはHDDで、SSDのみを搭載しているPCはクラッシュしない
・この攻撃の名前「ブルーノート攻撃」は、音楽である音程を意味する用語「ブルーノート」とWindowsのクラッシュ画面「ブルースクリーン」から来ている

上の見出しでは人には聞こえない音(=超音波)となっていますが、実際にはそれと、飛行機のエンジン音に相当する大音量を出さなければいけないそうで、現段階ではハードルが高そうです。
むしろ、軍事技術のように思えます。どこかの国の軍でも既に同様の研究が行われているかもしれませんね。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。